■最も簡単に、最高値で車の買取をしてもらう方法

ガリバー、カーセブン、ラビット、アップル、Tアップなどの大手車買取業者はもちろん、数多くの業者からの見積もり額を受け取り、最高値をつけた業者へあなたの車を売ることができるサービスがあります。

あなたの車を最高値で売るためにすべきことはたった3つ

①車の一括査定サービスに買取を希望する車の情報を入力
②高い買取額を出した企業を数社抽出し実車の査定を受ける
③確定見積額で最高値をつけた企業に売却する

①で、できるだけ多くの一括査定サービスに登録するのがコツです。大手の業者が必ずしも高い買取額を提示するとは限らないからです。買取額はその企業の在庫状況やその後の販売(利用)先によって変動するため、常に変動します。各サービスの登録項目も少なく、数秒~数分で終わるので面倒なこともないのが嬉しいですね。提携企業数や企業などをもとに、一括査定サービスのオススメ順にランキングをつけてみたので参考にしていただけたらと思います。

1位 カービュー

カービューの公式ページ ■提携企業数:212社
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、T-UP、ラビット

提携企業数が212社と多いだけでなく、ガリバーやカーセブンなど有名企業が並ぶカービューは是非とも利用しておきたいサービスです。いくつも一括査定サービスを利用して1社でも多くから見積りを取るのが最も高く車を売るコツですが、面倒だと感じる人でもカービューくらいは使っておいた方が良いと思います。

カービューの公式ページ

2位 カーセンサー

カーセンサーの公式ページ ■提携企業数:非掲載(雑誌「カーセンサー」の運営会社によるサービスのため多数であることが予想される)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、ビッグモーター

中古車情報誌の最大手「カーセンサー」を発行しているリクルート社により運営されている一括査定サービスです。その全国区の販売ネットワークを利用したサービスが展開されているので、こちらもカービューとともに利用しておきたいサービスであると言えます。比較的大手の提携が少ない印象を受けますが、大手が常に最高値をつけるとも言い難いので、こちらもフォローしておくべきかと思います。

カーセンサーの公式ページ

3位 ズバット

ズバットの公式ページ ■提携企業数:189社(2015年12月現在)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター、ラビット

9月には154社の提携でしたが、12月には189社まで増加しており、成長著しいサービスである印象が強いです。提携企業もカービュー並みに大手の有名どころが名を連ねているのも強みでしょうか。現金が当たる(10万円!)独自のキャンペーンも充実しているので、他のサービスで同額であればズバット経由で売った方がお得ですね。キャンペーン情報も併せて確認しておくと良いことがあるかもしれません。

ズバットの公式ページ

4位 かんたん車査定ガイド

かんたん車査定ガイドの公式ページ ■提携企業数:49社(提携査定会社の一覧より)
■大手有名企業例:アップル、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

比較的提携企業数、大手の提携率が少ない印象を受けますが、実際に利用してみると他と遜色のない結果となるので、もしかすると提携企業の選別が厳しいか、提携社全てを掲載していない可能性もあります。提携社数や記載されている企業名だけで判断して利用しないというのはもったいないと思います。

かんたん車査定ガイドの公式ページ

5位 楽天

楽天(車査定)公式ページ ■提携企業数:不明(掲載せず)
■大手有名企業例:アップル、カーチス、ガリバー、カーセブン、ビッグモーター

楽天オートが展開している一括査定サービスです。思った以上に大手の参加がありますが、提携企業数は未掲載のため判明しません。たった5ポイントですが、査定をするだけで楽天ポイントが貰えたり、買取りまで進むと3,000ポイントが貰えるという付加価値がついているのが特徴でしょうか。1分程度で完了する項目なのでとりあえず使っておいても良いかという印象です。

楽天(車査定)公式ページ

車の買取は長い人生の中でどれくらい発生することでしょうか。一般的には5回程度以内でしょうか。多くても10数回程度かと予想しますがどうでしょうか。
多少の誤差はあれども、人生でそんなに発生頻度の多くない車の買取ですから、ほとんど多くの人が素人当然だと思います。そこを多くのディーラーや車の販売店は利用しているフシがあるのが嫌で、こうした情報を掲載しております。車の価値は10数万円あっても、下取り額は0円と査定するディーラーのなんと多いことか。(もしかして全てがそうかも…)
車を販売して利益を得ながらも、実情よりもかなり安い金額で下取りをして利益を得る仕組みにはとても腹立たしさを感じてしまいます。